スポンサーサイト

2013.04.19 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -
  • -

課題図書

2012.01.16 Monday

昨年来の「課題図書」だった

『日本の雇用と労働法』(濱口桂一郎:著、日経文庫)

ようやく読み終わりました!


どっかの大学の授業でも使われているのか?なんかで
かたっ苦しい本ではありますが…w

書いてあることは、かなり基本的なものだと思いますが
同時に重要な論点もいくつか記されていたように思います。


この本では、根幹となる考えとして、
「メンバーシップ」と「ジョブ」
2パターンの雇用形態を用いています。

「メンバーシップ型雇用」は
会社の一員=メンバーとして雇用を行うもので
日本の終身雇用などはこの典型とされています。

一方の「ジョブ型雇用」は
職種に基づく雇用契約が主で
これは欧米では一般的な形態です。

本書では、この2つの形態を軸にしながら
日本の厳しい解雇制限の実態や、労働組合と経営の関係、
成果主義の挫折や非正規雇用問題などを概観しています。

社労士試験には直接出題されることはないかもしれませんが
知識としては重要なものではないかな、と感じます。

昨年、労一で涙をのんだ方も
気分転換に、この本を読んでみても
いいかもしれませんね。


スポンサーサイト

2013.04.19 Friday

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

PR

calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

一日一問一答コーナー

Recent Entries
Categories
Archives
recent comment
  • 事務指定講習から
    chunk
  • 事務指定講習から
    you
  • スマートフォン
    かず
  • 労一勉強法
    chunk
  • 労一勉強法
    むね
  • 受講決定
    chunk
  • 受講決定
    むね
  • 連合会から
    chunk
  • 連合会から
    むね
  • 試験終了、そして
    chunk
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM